読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらしなやきとりにするぞ

ろじのポケ擬せっていブログ

死ぬYO

死に方が決まってる子まとめ 忘れてる子も多々いるかな…

 

B2

リスベルン ジャローダ♀ 死因:自殺(胸を剣で貫いたことによる)

最初は何とも思っていなかったはずのとある女性のダイケンキに恋をしてしまう

そんな自分が汚らわしいと思いつつも想いを止められず病みはじめる

しかし相手は長い間姿を見せなくなり何かあったのかとさらに不安に駆られて、まわりが心配し始めたころに、まさかの子連れ状態の相手に出会って何かが壊れてしまう

それでも好きな自分が汚らわしくて汚らわしくてあぁもういっそ死んでしまえたらと

もう限界だってところでまさかのまさかのまさかの相手まで病んでてしかもそのひとの仲間を殺しちゃう現場を見てしまってその人に抱いていたイメージ的なのが完全にぶっこわれて頭もぶっ壊れてそのままリスベルンも相手を殺しちゃう

自分の仲間の心配していた声も思い出せないまま絶望に打ちひしがれたリスベルンはその場で自殺

「おしたいして…おります…永遠に…ルドベキア…さま…」

 

B2

ベルガルト マッギョ♂ 死因:自殺(銃による)

とある軍に属する男で、その軍はあるマフィアと対立していた

でも偶然出会ったそのマフィアのボスに恋をしてしまう

許されないとしりながらも想いが止まらず変態的にアピールしつづけ見事(?)結ばれた

しばらくは隠れながら逢瀬を重ねてやることやって幸せだったけれども、上司がついにマフィアを潰すことを決意して総攻撃を始めてしまう

味方も相手の仲間も死んでいく中でベルガルトは相手のことしか考えられず、ただただ一緒に逃げたくて軍を捨ててそのこのもとへ駈け出してしまう

ようやく見つけたのはいつもここで会おうと約束していた木の下で

弱弱しい相手に何度も逃げようというけれど受け入れられず、私はお前を…と呟いた相手の言葉を聞くことなく、彼はこっそりベルガルトをつけていた上司によって銃殺されてしまう

相手を失った悲しみと絶望で無気力な1年を過ごした後、お前が死んだら俺も死ぬという約束を果たすために、相手の墓標の前で、相手を殺した銃で自殺する

「愛してる、ルミナント」

 

DP

紫紺 クロバット♂ 死因:失血死(銃や刀による)

自分の欲を満たすためだけに拉致した男の子に暴行するだけ暴行して姿をくらませたクズもクズの危険視されている軍人

でもそのこと接するうちに自分の中に何か別の感情が生まれているのに気づいて、自分を狙う奴らにその子が危険にさらされないようにしようと思い始める 暴力はやめないけど

その結果軍に背く行為をくりかえし、軍からも追われる立場になり、完全に相手の子から軍が離れたのを見計らって国外逃亡

しかし逃げ切れることもなく、最期は反抗もやめて遠く残してきた相手の子を思い出し、好きだったと言えばよかった、とガラにもないことを呟いて殺される

「………馬鹿らしい、な」

 

HG

結葉(むすびば) メガニウム♂ 死因:失血死(刀による)

過去に恋人を元同僚に殺されている元軍人

復讐に人生を支配されながらなぜか集まった仲間と旅を続けていた

仲間の優しさと愛おしさ、再び出会えた姉弟たちによってにようやく復讐心が薄れた数年後、その同僚が現れる

ぶっこわれていた同僚は再び結葉の仲間を傷つけ、それによってまた大切なひとを失うと思った結葉は錯乱しその同僚に斬りかかる

戦いを続けるうちに結葉は相手を殺すことに成功するものの、自身も大量の血を失いその場に倒れる

それをみた仲間たちは傷つきながらも結葉のもとに集まり死なないで死なないでと何度も声をかけて抱きしめてさすりあう

結葉はそこに失ったはずの暖かい家族と恋人の姿を重ねて、今度は守れた、と心からの笑みを浮かべて息を引き取る

…のでもいいし、普通にじいちゃんになるまで生きてるのもいいなって思う。福州から本当に解放されたルートとこのルートどっちも滾るなぁ

「あり、がとう……僕の、…大切な、家族…たち…」

 

 

RSE

ラ軍はラト以外死んで死ねないラトがさみしくひとりになってしまうエンドかなと

全員載せるのは大変だから抜粋 ごめんライオットさんどうなるか覚えてないごめん

 

ラピネル キノガッサ♂ 死因:失血死(喰われたことによる)

カニバリズムの相手に喰われることに、最初は抵抗を覚えていたけれど愛を覚えるうちにそれもいいのかもしれないと思うようになってしまう

互いが互いの腹を満たしてそれで死ぬ、それがいいのかなと思ったラピネルは、相手と血まみれになりながら互いの肉を食べ合って死亡する

「……わかんないんだ、この気持ちがなんなのか…でも、…幸せ、なの、か、な」

 

 

XY

銀之介 マフォクシー♂ 死因:老衰

幼い頃に家族を山の魔女に皆殺しにされ、復讐に燃えていたころに、森の魔女に拾われる。そこで母親の愛を思い出し、父の仕事、呪師になりたいとも思い始め、魔女が旅にでると同時に、魔女を守るための力をつけようと彼も旅にでる。

そこで集まった仲間とともに街を巡り、山の魔女に再び狙われることもありながらもなんとか生き延びる。森の魔女と仲間を守るために強くなった銀は、仲間が立派になった頃に別れを告げる。そうして魔女の家へ戻り、彼女が戻ってくる時に自分がいつでも迎えてあげられるようにしようと決める。何十年と幸せな時間を魔女と過ごした銀は、しかし永遠を彼女と生きられる訳もなく、魔女に看取られながら息絶える。

ーその何年もあとに、銀はまたフォッコとして生まれ変わり、魔女のもとへたどり着くことになる

ーっていうのと、銀を失った悲しみで狂った魔女が蘇らせようと必死になる姿を、魂だけで見つめ続けるルート

「かあさん…また来世でも…会えたら…いい、な…」

 

!!!願望!!!

小町 ニンフィア

もと暗殺者のパートナー。血なまぐさい仕事を続ける中で銀と出会い、足を洗う。

その前にパートナーを守るために怪我をしており、わずかに左腕に後遺症が残っている。

何年かあとに出会ったひとりの少年に惹かれた小町は猛アタックをしかけなんとか結ばれるも、同じような仕事をしていた少年にもうこんなことはやめようと説得し続ける。

で、なにかしらがあって小町を殺さなくちゃいけなくなった相手が、雨の中小町に奇襲を仕掛ける。全てわかっていた小町は何もいわずに受け入れて、もうこれで、誰かを傷つけるのはおしまいだ。僕が最後の一人だ、って微笑んで息絶える

出来たら相手に泣いてほしい(切に)雨の音で聞こえないけど泣き叫んでほしいかきいだいてほしいもう頼むそんな未来切なすぎるけどこういうのがほしい(願望)

「アリスくん……どうか、しあわせに…なって…」

 

 

XD

睡蓮(すいれん) サーナイト♂ 薬物中毒による死?なんていえばいいのか

バイでいろんなひとと遊びまくってた奴だったけど、ある場所でであったネイティオに本気で惚れて遊びをやめてまでアタックした。その結果受け入れて(?)もらえたけど、相手が大分とグロいことしてくるので死にかけてたそれでも愛してた

なんだかんだ良い感じにお互い上下入れ替えたりいちゃこいたり実験されたりした日々を過ごしていたけれど、相手が年々筋肉が衰えて最後には動けなくなってしまう病気にかかってしまう。進行が速いその病気に怯え、泣きながらも懸命に介護を続ける。最期の日、もう筋肉が機能せず言葉も話せなくなった相手が最後に力をふりしぼって握ってくれた手を離さず、相手が死ぬまで何度も愛してると泣き叫び、息絶えたそのひとのお墓をつくった後、大量の薬を飲み死亡する。それを見つけたかつての仲間が相手の墓の隣に埋めてあげて、ずっと一緒エンド

「いろいろあったけど、でもね。ボクは君が、きっと、永遠に、死んでも、好きなんだ」

 

 

無所属

クロイツハルト ジャローダ

…も、多分死ぬと思う…んだ…

イベリスさんと想いが通じてひとつになれてあぁようやく幸せだって頃に戦争はじまってしにそう…

 

 

シヴァ ギラティナ♂寄り

我が家さいつよのギラティナ黒影によって生み出されたギラティナ

仕事もストレス発散のはけ口も押し付けられ姉からは邪魔ばかりされる不運で哀れな日々を送る

たまたま仕事の関係でであったギラティナさんとそれなりの仲を築き紅茶を飲むのが唯一の安らぎだった

でも黒影は自分のつくった子達に対する思いが薄く、興味を失くし始める

つまらない日々を送り続けた黒影はとうとうシヴァを虐めることにも飽き始めて、ついには散々な仕打ちと言葉を浴びせた後殺してしまう

やりきれない思いを抱えたままシヴァは魂となり、それすらも黒影に砕かれてしまう

「……なんのために…ボクは…生まれてきたんだ…ろう…」